複合機の導入で経費コストダウンなら【QOOL】へ

ビジネス環境に於いて、コピー機(モノクロ)、コピー機(モノクロ)、FAX、スキャナーなどを1つずつ揃えていったら、まずスペースの問題とそれぞれのリース料金・メンタナンス費などの負担はかなりなものになってきます。でも現実的にはこういった状況は、多くのビジネスの現場では起っていますよね。

でも今は、オフィス環境をもっとコンパクトに効率的にまとめてくれる、複合機の活用方法の構築が、業務の効率化と経費の削減に繋がっていきます。いざ複合機の導入と考えるとどこに頼めば良いか迷ってしまいますよね。

複合機のメーカーはたくさんあって、どこが一番使い易いのかも検討しにくものです。でも、多くの優良メーカーの複合機の導入を扱ってくれる会社があったら、その会社と相談した方が早いのです。

複合機リースの見積サイト【QOOL】って会社をご存じでしたか?【QOOL】では、これから複合機を導入していこうとお考えの方に、業務体系などに合わせた、複合機運用のプランとともなうリース代金の提案ができます。

ですから、これから起業していこうとして、オフィスのOA機器環境の計画をお考えの方には、便利です。見積りを取ってみるとお分かりになりますが、かなりコストダウンができるのが、【QOOL】の複合機の導入です。

詳しくはこちらです。
qool.ne.jp

電報で伝えるお祝いの気持ち

おめでたい場である結婚式。新郎新婦の幸せな顔を、結婚式に参列をして直接見にいくのが一番ではありますが、そうはできない理由もそれぞれにあると思います。やはり遠方でどうしても駆けつけることができないとか、先約の結婚式と日にちが同じになってしまったとか、家を空けることができない事情があるなど…色々だと思います。

そういうときには、メールや電話でお祝いの気持ちを伝えるなどしていると思いますが、それ以外にもできることはあります。それが電報です。結婚式の披露宴の中には、電報を読み上げる時間が普通は設けられています。そこで読み上げてもらえますし、やはりメールや電話だけではなく、電報という形でお祝いの気持ちを伝えてあげられるほうが、新郎新婦にも喜ばれます。

結婚式の場合には、電報と同時に披露宴の入り口に飾れるような、バルーンなども一緒につけることができますし、キャラクターでペアとなっている幸せそうなぬいぐるみもあります。結婚式の電報は、ただ電報だけというよりも、こういった特別な電報を使って、お祝いの気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

電報は想像している以上に簡単に送れますので、ひと手間かけて新郎新婦の幸せを祝福しましょう。