電報で伝えるお祝いの気持ち

おめでたい場である結婚式。新郎新婦の幸せな顔を、結婚式に参列をして直接見にいくのが一番ではありますが、そうはできない理由もそれぞれにあると思います。やはり遠方でどうしても駆けつけることができないとか、先約の結婚式と日にちが同じになってしまったとか、家を空けることができない事情があるなど…色々だと思います。

そういうときには、メールや電話でお祝いの気持ちを伝えるなどしていると思いますが、それ以外にもできることはあります。それが電報です。結婚式の披露宴の中には、電報を読み上げる時間が普通は設けられています。そこで読み上げてもらえますし、やはりメールや電話だけではなく、電報という形でお祝いの気持ちを伝えてあげられるほうが、新郎新婦にも喜ばれます。

結婚式の場合には、電報と同時に披露宴の入り口に飾れるような、バルーンなども一緒につけることができますし、キャラクターでペアとなっている幸せそうなぬいぐるみもあります。結婚式の電報は、ただ電報だけというよりも、こういった特別な電報を使って、お祝いの気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

電報は想像している以上に簡単に送れますので、ひと手間かけて新郎新婦の幸せを祝福しましょう。